インテリア

【 家事ブック撮影ウラ話/マルサイさん 】

新刊「 家族でつくる心地いい暮らし ~みんなの家事ブック~ 」一部ご紹介 その1新刊「 家族でつくる心地いい暮らし ~みんなの家事ブック~ 」一部ご紹介 その2

新刊「 家族でつくる心地いい暮らし ~みんなの家事ブック~ 」一部ご紹介 その3

c0199166_20403711.jpg
新刊「 家族でつくる心地いい暮らし ~みんなの家事ブック~ 」で取材させていただいた、イラストレーターのマルサイさん宅での撮影当日の様子です。

元気な3人の男の子子育て真っ最中であるマルサイさん。
インスタグラムで発信していた絵日記が昨年書籍化され、インスタフォロワーさんも10万人を超える人気ぶり!
私もそんなマルサイさんの書籍やインスタに日々癒され、育児のやる気をいただいている一人なのですが、先日家事ブックの撮影当日ウラ話をイラスト記事にまとめてくださっていて、とても嬉しかったのです。⇒maru_sai

「そういえば!」私も撮影時の写真を撮っていたので、ご本人のOKをいただき掲載させていただきます。

c0199166_10294619.jpg「 家事の負担をならす 」という考え方とその方法は、とても参考になりました。
今日きゅうりをスライスするなら、プラス2日分もいっしょにやって塩もみ。
それを今日はポテトサラダ、明日はツナとあえて、あさっては酢の物に…と展開。
1回の手間は増えても、それが明日、あさってのラクにつながると思えば気持ちが軽やかになる。
うんうん!と共感するも、ここで私の場合ネックになるのが展開力のなさ。

c0199166_10391100.jpgc0199166_10445384.jpgそんな私がぜひ真似したい!と思ったマルサイ家キッチンで発見したアイデアがこちら。
よく作るレシピ、野菜の展開レパートリー(キャベツが余ってたら→ナムル、ベーコン炒め、蒸しサラダ…など)、子どもたちに好評だったメニューなどがメモされた用紙をクリアハードケースに挟んで吊るしたものです。
使うときも、使わないときも吊るしたままだから、献立を考える時、料理中にもパッと見ることができてとても便利そう!
マルサイさん、実は @ura_maru_sai という裏アカウントで、日々の食卓風景と簡単でも美味しいレシピの紹介などをアップしていらっしゃるのですが、毎日見ただけで食欲が湧いてくるほど美味しそうで、ご飯づくりのモチベーションが上がります。取材のとき、「めんどくさいのはきらい」「いかに手抜きをしてそれらしく見せるかばかり考えている」とおっしゃっていたのですが、「うっそだ~!手抜き!?」と思ってしまうほど、美味しそうだし豊かな食卓の数々。でもちゃんと作る側目線のウラ話(手抜きでも美味しくするコツ)が書かれてあって、おっしゃっていたことは本当だな~!とも思わせてくれ、勇気が湧きます。手抜きでも美味しい料理が作れるようになったら、ホンモノの母ちゃんなのかもしれない、、と感じるこの頃です。これからもマルサイさんには家事、育児の先輩として学ばさせていただきます!

マルサイさんの初著書(子育て真っ最中の人におすすめしまくっています。笑えて泣けます)

【2017年7月19日発売】
【amazon】
【楽天ブックス】

【2016年1月14日発売】
お陰様で4刷になりました
【amazon】
【楽天ブックス】

Top