ミニマリスト | 断捨離

夏の丹沢源流イワナ

イメージ 1
ぎっくり腰を発症して、はや一ヶ月半・・・・
山奥での釣りは控えるようになり、悶々と送る日々を過ごした
楽しみにしていた信州遠征は中止(一応延期)
ここ最近、やっと腰の痛みが消えて徐々にトレーニングも再開した
おかげで3キロくらい太ってしまったwww
残り少なくなった渓流シーズンに向けて最後の悪あがきをしなくっちゃね
活水の丹沢水系ではあるが、盆休み中は連日の雨
山の保水量も確保できるだろうから9月は期待が出来ると思う
そういうことで、久し振りに源流へ向かう事となった
イメージ 2
いつものことのように下流域はスルーして上流へ・・・・
嗚呼~なんともいえない源流の雰囲気に俺は癒される
ここ最近、私の存在を知った人は本流アングラーだと思っているらしい
どちらかと言えば、源流志向の強いアングラーである
とりあえずタックルをセットし釣り始めた
小さなイワナのチェイスは無視して、良型だけを意識して釣りあがる
といってもヒットしたイワナはキャッチする
イメージ 3
takiミノー5cmにて、イワナがヒットした
おそらく、私が所有しているルアーの中で一番実績があるのが
このtakiミノーグリーンゴールドだ
軽く、イワナは200匹は釣っていると思う
もう愛用して8年の月日は流れただろうか・・・・
一度、ボロボロになったのを制作者の計らいでリペアし復活したルアーでもある
イメージ 4
倒木など木々が追い被さるポイントでは良型のチェイスがある
しかしキャストが決まっても、ルアーコントロールが難しく
フッキングまで至らないのが歯がゆい
標高が上がるにつれて、ガスって釣り難い状況になった
イメージ 5
今回は、アイフォンの水没故障でデジカメを持ってきたのだが
なんかシャッタースピードが遅いせいかピンボケが目立つ
前半は、takiミノーで複数のイワナをキャッチして終了した
イメージ 6
小雨が振り出し、瞬く間に薄暗くなった源流域
ルアーもラインも見えにくくなり、ルアーコントロールが難しい
当然ながら偏光グラスは不用品となった
腰の心配もしていたが、ここまで登ってきても違和感すらなく一安心
イメージ 7
後半は、薄暗い源流を意識してHAMのグリーンバック
数回、尺サイズはあるイワナのチェイスがあったが
ヒットさせられず悔しい釣りとなった
若干の増水ではあるが、平水時に比べれば減水は否めない
まだまだ良型の活性は低く難しい
イメージ 8
源頭部エリアまで上がってくるとイワナの姿は減ってきた
それでも、水量さえあれば大物だって現れる
そんな可能性に満ちた源流域のこれからに期待をしたい
雨も強まり、タックルを仕舞う事となった
イメージ 9
雨宿りをしながら、コンビニスイーツを楽しむ
雨宿りと言っても雨増しは強くなり、木々の下でもびしょ濡れになった
スイーツを頬張りながら、残りわずかとなったシーズンを
どう予定していくか考えていた
トレーニングも休みがちだったせいで、現状のスタミナでは
数日間の山歩きに自信がもてず、今年も北ア奥地は断念かと
自問自答しながら缶コーヒーを啜った
イメージ 10
悔やんでも悔やみきれないことは忘れちまえとばかりに
ラーメン花月で楽しめる、東京ミシュランガイド一つ星を獲得した
鳴龍の坦々麺を食べて帰宅したのであった・・・・
今出来る事を遂行していくだけと気持ちを切り替えよう♪
イメージ 11

やるなら今しかね~っとクリック↑

広告
Top