ミニマリスト | 断捨離

丹沢原人バカサバイバー後編

イメージ 1
さてと・・・稜線まで二時間
最低限、13時前後には百名山の丹沢山へ辿りつきたいと考えていた
サクサクと時計&GPSを見ながら釣りあがる
釣りに集中なんて出来るはずも無く
とにかく歩き続けることになった
渇水が原因で、こういった源頭部には極端に水が少ない
ちょっとした小滝も水を浴びずに登れそうだが
ローリスクで高巻きを選んで巻いていく
本来なら山ビルが待ち構えているであろう土壌も
今回は山ビルの出迎えはないので安心して歩くことが出来た
イメージ 2
時折、伏流(水が地中になっている)エリアなどもあったが
こうして源頭部にも、流れが残っている
生命反応もなくなり、タックルをしまうことにした
この時で標高1160m付近
丹沢界隈では、かなり標高の高い流れとなる
ここで一旦休憩を挟み、遠くに見えるゴーロエリアをみる
GPSで現在地を確認すると、まだまだ先は長い
ゴーロエリアが相当長い間続くと予想された
イメージ 3
遂に登場したゴーロ(岩がゴロゴロとした場所)
とても歩きにくいゴーロ、ほとんどの岩が尖っており
そして浮石となっているために歩行速度は落ちる
当然、体力も消耗するので余計な動きはしないようにする
分岐に差し掛かった時はGPSで方向を確認しロスを減らす
イメージ 4
なげ~な~っと愚痴の一つも出てくる
遥か先まで続くゴーロ
丹沢で数々のVルートを歩いてきたが、ここまで続くルートは珍しい
耐久性のない沢靴が傷みそうで心配だ
イメージ 5
ようやくゴーロエリアも脱出か
ルンゼを楽しみながら登り、気分転換となった
岩の凹凸を噛み締めながら、ひとつひとつ指を掛け足を掛け
味わいながら登り続けた・・・
イメージ 6
悲しいかな・・・ふたたびゴーロが現れる(泣)
だが遠くにピークらしき明るいエリアが視野に入り
そう長くは無いゴーロであると想像できた
そうとわかれば楽しみながら歩くことが出来る
イメージ 7
あの眩しい光は登山道のある稜線に違いない
ここで尾根に取り付き、急勾配の尾根を登っていく
尾根に取り付く際に、全身泥だらけとなった
その眩い光へ向かって一直線だ
イメージ 8
やった・・・・Vルートは終わった・・・・
山頂近くの登山道にたどり着き、向かいに見えるのは蛭ヶ岳である
しばし辿りついた登山道で休憩をしながら風景を堪能した
そして事件が起きる・・・・・
そろそろ丹沢山へ行こうと決め、丹沢山方面へ振り向くと
若い女性が私を見つけて駆け寄ってくる・・・
あの~すいません~っと若い女性が声をかけてきた
しかも生足である・・・今時珍しいスタイルだ
普通は男性でもショートパンツの時は、タイツくらいは履いているからね
今、どこから登ってこられたんですか?っと聞かれ
沢登りしてきて、ようやく登山道に出れたところなんですよと答えた
ヘルメットを被り、泥だらけの私に興味津々の若い女性
しばし談笑していると、トレイルランナーであることが発覚
トレイルランニング=山道を専門に走るランナーのこと
どうやら蛭が岳へ行くか悩んでいるらしい
一応、歩くとかかるコースタイムを教えてあげると諦めたようだった
しかしながら元気ハツラツな姿はキュンっとしちゃうよねwww
そして一緒に丹沢山へ歩くことになった
イメージ 9
生足が視野に入り目のやり場に困ったことは言うまでも無いwww
したがって風景写真ですら撮り難い情況となってしまった
仕方なく西丹沢方面の風景を撮影・・・・
涼しげな表情をした女性に比べ、汗だくで泥だらけの私・・・・
非情にカッコ悪いのである
イメージ 10

その生足の女性と談笑しながら日本百名山 丹沢山到着
山頂標識のある場所まで女性と歩き、別れた
塔ノ岳方面へと走り去っていく女性の後姿を見つめ
せめて名前だけでも~っと心の中で叫んだのだった・・・・・www
しかしながら、いつ何時何が起るかわからないのが人生
常に女性を意識した服装で・・・・沢登りじゃ無理か(汗)
イメージ 11
素敵な赤ヘルメットを脱ぎ、簡単なランチをとる
冷えたハイボールが実に旨い
そして周りの登山者の視線が熱い・・・私に熱視線www
そんなにヘルメット被った俺が滑稽なのかオイ!
あっ泥だらけだからか?遭難者だと思われているのか
まさにサバイバーじゃないですかwww
サバイバー=遭難者、生存者
イメージ 12
丹沢山山頂にある山小屋のみやま山荘
初めてきた時は寒くて山荘でカップラーメンとビールを頂いたっけ
今までに3回登って、いずれもガスってて景色見れず・・・・
たまには山頂で美味しいカップ麺でも食べたいぜ(泣)
そしてゆっくりしてられないのである
なんせ下山(下降)も、Vルート下降なのだから・・・・
イメージ 13
そして本間ノ頭を目指し縦走開始!
登山道って、なんて安心な道なのだろうとシミジミ感じるね
丹沢山に別れを告げて突き進む
イメージ 14
まずは、瀬戸沢ノ頭~太札ノ頭~円山木ノ頭
とくにベンチなど無かったような気がします
イメージ 15
無名ノ頭・・・標識が薄くて見えない
ちょいちょいアップダウンがあり体力を奪われます
イメージ 16
そして目的地の本間ノ頭に到着
ここには木製ベンチがあり、しばし休憩をしました
ここで分岐となり、尾根を下降します
Vルートと言っても、登山地図には点線ルートとして載っています
イメージ 17
この痩せた尾根が結構危険で滑落する人が絶えません
両脇は崖となっているので慎重に進みます
油断せず、けど楽しみながら下っていきました
イメージ 18
目指すは、スタート地点最寄の丹沢観光センター
かなり急勾配な尾根の為に、沢靴では滑りまくりです
数回、転倒しそうになりました
手作り感満載の標識が良い感じです
イメージ 19
途中で現れた、崩壊エリア
鹿の食害が原因とされていますが、困った光景ですね
いつか丹沢は無くなってしまうのかな・・・・
単調な登山道と違い、刺激が盛り沢山のルートは楽しめますね
さすがに少し疲れが見え始めました
イメージ 20
丹沢観光センターに無事到着!
いや~さすがに安心しますね
私が幼少の頃は、管理釣り場があったんですよ~
国際マス釣りセンターが混んでる時は上流のココに来ていました
イメージ 21
そしてゴール目前の林道に到着~♪
嗚呼~やっとゴールだぜ
急勾配のルートを下る際は、本当に疲れますね
今日は、たっぷりと丹沢を遊びつくした気がしました
源流尺イワナ釣って、百名滝を拝んで、日本百名山登頂して
なんて贅沢な日になったんだと自画自賛www
次ぎは、いよいよ2年ぶりに丹沢大クドレへ行こうかな・・・・

イメージ 22
まだまだ行くぜとクリック↑
広告
Top