ミニマリスト | 断捨離

相模湾キハダマグロ

相模湾キハダマグロ

イメージ 1
なんと10年ぶりにキハダマグロ狙いに行ってきました
10年前のキハダってのはカツオのおまけ的な存在でしたが
ここ数年の相模湾キハダは完全に完成された釣り物となっていますね
本当はルアーで狙いたいところですが、未だ高級リールが買えず
コマセマグロ船となりました
コマセキハダとは、オキアミを餌とし釣る釣法です
そして久し振りに、元KNクラブメンバーでもある
パンダ氏と共に行く事となりました
過去に20キロ~30キロのキハダを仕留めているパンダ氏
釣り方を教わると言うより、船宿のシステムが面倒なので
頼ってしまいましたwww
イメージ 2
早朝4時半に船宿にて、釣り座のくじ引きが行われます
面倒ですが、平等という面で信用できる船宿でした
常連が我が物顔する船宿は大嫌いなので!
そして出航~小雨降りしきる中でのスタートです
今回のタックルは、シマノビーストマスター4000
ライン PE8号300m
ロッド モロコスペシャル
1時間ほどで、最初のポイント到着
しかし・・・キハダが通り過ぎるのが早いようで
あっという間に、あげて~の合図(仕掛けを回収しろと言う合図)
頻繁にポイント移動するのですが、昔は何度も経験しているので
私はなれてますが、初めての方は移動の速さと回数に驚くと思います
イメージ 3
周りの方に、せんべいを配って胡麻擦り・・・www
パンダ氏と私は移動中に爆睡を繰り返してました
時間は過ぎていきますが、一向にキハダのあたりがありません
未だ船中ゼロが続きます、他の船も釣れていない模様
暗雲が立ち込めて来ました
そして暑いと思って軽装でしたが、寒くて参りました
イメージ 4
虚しさ募る、目の前での本カツオのナブラ・・・・
棚も仕掛けも違うので手も足も出ません
船の先端は、エビングの4名が陣取っていましたが
全く反応が内容で残念がっていました
イメージ 5
久し振りの相模湾キハダは何も起らず終了となりました
自然相手なので、仕方ないけどね
他の船も全く良くなかったようだし
一つ良いことがあったのは、近くでエビングを見れたことで
来季は自分もヒラマサタックルで挑戦しようと思いました
凄くエビング&ジギングの勉強になりましたね~
イメージ 6
帰りに湘南の魁力屋で〆ラーメン食べました
怒りの一味ぶっかけ!!!
今シーズン、あと一回くらいコマセマグロ乗ってみたいきもするが
渓流源流最盛期ともなるし、難しい選択が迫られそうです
マグカツにしておこうかな無難だしwww
イメージ 7

鉄火丼食べれなかったぜとクリック↑

広告
Top